撮影会の種類【人数編】

撮影会人数種類

人数による撮影会の種類

撮影会に参加しようとしている人向け、
どういった撮影会に参加したいかをチェックするための情報ページです。
モデルさん、カメラマンさんどちらでも共通する内容です!

撮影会はカメラマンとモデルの人数によって種類が異なります。

①個人撮影会

モデル1名に対してカメラマンさん1名で1対1の撮影会です。
メリット:好きな場所で自分だけの撮影をすることができます。
デメリット:他の撮影会の種類に比べて、料金が高めのことが多いです。モデルさんを独り占めした撮影なので、当然と言えば当然ですが。

②少人数撮影会

モデルさん1~2名、カメラマンさん2名以上の、主にカメラマンのほうが人数が多い撮影会です。スタッフ含め5~10名以上の団体行動で撮影が進行することが多いです。
メリット:大人数撮影会に比べて撮影に自由度があり、人撮影会に比べて安価に撮影できます。仲の良いカメラマンさんが見つかりやすく、情報交換などもしやすくなります。
デメリット:個人撮影会に比べ、好きな場所やシチュエーションでの撮影が難しくなります。コミュニケーションが苦手だと煩わしいこともあるかも?団体行動が苦手な方にはお勧めしません。

③フォトセッション(大人数撮影会)

撮影会の初心者の方にお勧め!モデルさん探しにも大変良いです。
モデルさんも有名になりたい、拡散をしてほしい場合は一番おすすめです!

モデルさん複数人数がある程度一定の位置に固定されていて、カメラマンさんは好きなモデルさんを撮影できます。カメラマンさんはかなり大人数のこともあり、順番に撮影するスタイルやモデルさんを囲んでの撮影などのスタイルがあります。
メリット:モデルさんの人気にもよりますが、モデルさんの出演料を複数で割っての撮影のため、比較的安価に撮影することが可能です。
学生やお小遣い制のパパなどのカメラマンにオススメ!
また、駆け出し中の人気の少ないモデルさんがいる場合、安価にじっくり撮影できることも多々あります。
デメリット:基本的に撮影会の進行に従う形になり大人数のカメラマンでの撮影のため、オリジナリティーを出すのが難しく、構図にも制限がある程度つくことが多いです。
特に人気なモデルさんの場合、近くに寄っての撮影は難しいです。

メモ:有名コスプレイヤーさんや芸能人さんの出演がある場合、フォトセッションでも高額になることもあります。モデルさんも集客ができる場合、一番高額の報酬になります。逆に集客ができないモデルさんは周りの力に頼るため、一番最安値のギャラになる可能性がある撮影会です。
 大手企業の開催する撮影会の場合、有名カメラマンが講師として出演することもありますが、個人的には比較的おまけかなと。。

④リクエスト撮影会

 撮影会やモデルのスケジュールではなく、カメラマンの予定に合わせてモデルに個別に日程調整を依頼する撮影会。

関連記事

ページ上部へ戻る