着物(浴衣を含む)着用の際の準備

着物(浴衣を含む)着用の際のモデル準備

・着物着る前にトイレに行っておきましょう。
・着物をスマートに着用するために、下着はカップ付きキャミやスポブラなどワイヤーがないタイプがお勧めです。
・着付けてもらう場合、縛るのがきつすぎる際は伝えましょう。
きつすぎて途中気持ち悪くなってダウンしてしまうこともありますため、遠慮や無理はせずきちんと伝えましょう。

●浴衣(夏)
夏用の着物の浴衣は、生地が薄いため下着が透けやすいです。
薄い色の下着を着用しましょう。
襦袢を着ていても、薄い色の浴衣に濃い色の下着を着ていると透けやすいです。

●冬
・特に日が落ちると寒いため、寒くなってしまう前に準備しておきましょう。
・着物を着る前にホッカイロ貼れれば貼ったほうがいいです。
腰、首付け根の背中部分、お腹、靴裏がおすすめ。
低温やけどしないように、熱くなったらはがしましょう。
・『ヒートテック』着たほうがいいです。着物の際、首元背中部分がヒートテックが見えやすいので、背中が空いてないタイプの場合は、前後逆に着ると襟元からヒートテックが見えなくて良いです。

ピックアップ記事

関連記事一覧